2008年05月08日

オープンオフィスの3.0βを使ってみる

オープンオフィスの3.0βが発表された。macOS/Xネイティブ対応ということなので、さっそくmacbook airにインストールしてみた。
オープンオフィス3.0β

メニューなどはきちんと日本語対応しており、今までと同様の使い勝手だ。ファイルダイアログは、まだ日本語対応が不十分だった。

Windows版、mac版のOffice2007形式に対応しているということなのだが、ダイアログの中には2007どころか2003も存在しない。無理に読み込もうとしたが、やはり無理だった。
  • excelのxlsxファイルは読み込めるものの、シート間の計算式が評価できない部分があった。
  • wordのdocsxファイルは読み込めなかった。
  • powerpointファイルは、書体がバラバラに混在した状態になった。
ただ今後も開発が進むだろうから、きちんと読み込めるようにさえなれば安心して使えることになる。

mac用のOfficeも結構な値段がするので、無料でこうしたソフトを使えるのは非常に助かる。
ラベル:OpenOffice Mac
posted by とくちゃん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | └PC、OS、アプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。