2008年05月06日

macでWindowsを操作する

従来からWindowsを使ってきたため、仕事をしようとするとどうしてもmacだけではこなせない場面に出くわす。mac用のソフトも買ってしまえばいいのだが、経済的に無理。そこで、macでWindows環境を実行できる方策を導入することにした。

普通に考えるとmac標準のboot campを使うところなのだが、あいにくmacbook airにはcd-romがない。私はUSBタイプのディスクも持っていないので、インストールできないのだ。



boot campの説明には「remote diskではインストールできない」と書いているし、実際できなかった。念のためisoイメージにしてみたが、boot campからはもちろんVMWare fusionからもインストールできなかった。もっともググってみるとfusionでは成功したというblogもあったので、私のやり方が悪かったのかもしれないが。

インストールするためにUSB接続のディスクを買うということも考えたのだが、どうせインストールが終わったら使うこともないだろうから馬鹿げているように思えて、この案はパス。

で、最終的にリモートデスクトップを使うことにした。
Remote Desktop Connection Client for Mac



リモートデスクトップは以前の会社で社内PCのメインテナンス用に使っていたので、使い勝手も分かっていて導入しやすい。ダウンロードしたら、あっという間につながった。Windowsの画面からコピー&ペーストもできるので、これで不満はない。

だが欲が出るもので、せっかくモビリティーがあるairなのだから、外からでもリモートデスクトップで接続したくなった。

セキュリティー上ポートを開けるのは怖いので、インターネットにはセキュアな方法で接続する方策を導入する必要がある。


で、こちらの記事を見て試してみた。
ゼロ円でできるインターネットVPN

説明がサーバーがFedora 8、クライアントがWindowsになっているので、そのままでは使えない。サーバーがWindowsXP、クライアントがmacだから、説明を読み替える必要がある。ちょっと手こずったが、なんとかSSL接続することに成功。

これでどこからでもネット環境さえあれば、自宅のWindowsマシンが使える。boot campの場合のようにソフトをインストールする必要がないので、airの少ないハードディスク容量を気にすることもない。
ラベル:VPN XP Windows Mac
posted by とくちゃん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | └PC、OS、アプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。